FC2ブログ

[写真]波方一周ポタリング

12/23の波方一周ポタリングの様子。

今まで、今治と言っても、糸山公園かサンライズ糸山にしか
行ってないので、ちょっとは他のところにも…ということで、
最初は今治城へ向かおうと思ってたんだけど、
いざ四国に上陸すると車の少ない景色のいいところに行きたくなり、
波方一周に変更。

坂を降りるとすぐに今治造船。
※以下、距離は、坂を降りた交差点からの距離。

★今治造船
今治造船


この先に進むと……え、踏切!?

水門
踏切ではなく、水門でした。


★波止浜水門
水門
遮断器があるということは、この道路部分が上にあがって
下を船が通る(通っていた)ということだろうか。
なんか面白い。
ここまでまだ600m(笑)

さらに400mほど進むと桟橋が。

★波止浜港桟橋
波止浜港桟橋
小島とかへはここから行くのかー!!
どこから行くんだろうな―と思ってたので分かって嬉しい。

そして、全く前に進んでない。まだ1km(笑)

2kmほど進むと、大きな神社が見えてきて
素通りしようと思ったけど、レンガの常夜灯?が見えたので
我慢できずに立ち寄ってしまった(笑)

★赤灯台
赤灯台
赤灯台という名前は近くの看板に書いてあったもの。

波方一周に出発してから6km。
大角鼻。

★来島海峡大橋
来島海峡大橋
来島海峡大橋をこちらから眺めるのは初めて。
曇ってるのでイマイチだけど。

★船
船
8km地点。
適当に走ってたら、船を作ってる建物を発見。
大きな造船所から木の船を作るところまでイロイロあるなー。

ちなみにここまでちょろちょろと立ち止まっては写真を撮ってるので
1時間かかってる。時速8km。ちょっとさすがに遅すぎ(笑)

今度こそさくさく進もう!と思ったけど、2kmくらい進んだところで
「石風呂跡」という看板を見かけて我慢できずにまた寄ってしまった。


★森上石風呂跡
森上石風呂跡
自転車を止めて、海岸の岩の上を少し歩いて到着。
ぼんやり歩いてたら海に落ちそうだった。
説明が書いてあったとおぼしき看板がなくなってるので
詳しいことは分からず。
まぁ、この穴をサウナっぽくしてたんだろう。

そして、この日の目的は、波方一周+梶取ノ鼻へ行く、だったので、
波方一周道路を離れて梶取ノ鼻方向へ向かう。


★鳥居
鳥居
海に鳥居が。
出発から14kmくらい。

ここから3kmくらい山道を行けば目的の梶取ノ鼻……のはずが

★通行止め
通行止め
うわー。通行止めは予測してなかった。
下調べもしてなかったし。
それを言うなら梶取ノ鼻になにがあるのかすら分からず
目指してたわけだけど(笑)

このあとは寄り道せず、黙々と波方一周ルートを進む。

で、出発地点に近づいてきたあたりで、
ちょっと気になる神社があったので立ち寄り。

★龍神社
龍神社

龍神社
なんかかっこいい。


★水門
水門
水門まで戻ってきた。
波方一周+αの距離は26キロほど。

★サンライズ糸山
サンライズ糸山
で、サンライズ糸山までもどって休憩。

特別、「コレ!」というものがあったわけではないけど、
車でも通ったことがない、本当に生まれて初めて通る道を走るのは
やっぱり面白い! 
写真撮りまくりで前に進まないのだけが問題(笑)


★地図
MAP
今回はなにか見かける度に立ち寄ってたのと
梶取ノ鼻の方へ行ったので3時間以上かかったけど、
寄り道せずにただ波方一周するだけだったら
14kmくらいなので1時間コース、のはず。


↓応援クリックよろしくおねがいしますー
にほんブログ村 自転車ブログへ

[4コマ]クロスバイクな日々22・買い物

CB062

重たいフロントバッグをはずして出かけ
坂道で立ち漕ぎしてみたら、
今度は立てた!

ママチャリのときより、重心をかける位置の感覚が違うのと
ハンドルが重いとかちょっとした要因で立てなかったっぽい。

で、できることが増えて、いい気になって乗った帰り道
コンビニの前を通りかかって、
「そうだ、牛乳買わなきゃだった」と思い出してお店に入り
ついついイロイロ買って出てきて
ハンドルに荷物をかけてみたところ、
「重い!!ブラブラする!!ムリ!!!」となりました(笑)

ハンドルの左側だけ重いとか、私、絶対バランス崩す!
あるいは、荷物が前輪に巻き込まれてこける!

という未来が見えたので、
おとなしく押して帰りました(笑)

毎回のことですが、
なにやってんのーーーーー(笑)


NEXTC



↓応援クリックよろしくおねがいしますー
にほんブログ村 自転車ブログへ



[4コマ]クロスバイクな日々21・シフトチェンジ(F)

CB021


「え!? 乗り始めて10日もたつのに、
まだフロントのシフトチェンジしたことなかったの!!?」

という声が聞こえてきますが(空耳)
私の運動神経のなさをなめてはいけない(笑)

自転車を買った時の説明で、
「フロントを重くする時は”よっこいしょ”と押す必要があり
ギアの段差が大きいので気を使う必要あり」と聞いてたので、
「走りながら、よっこいしょ、とか押せるわけない」というわけで
安定して走れるようになるまで封印?してたのでした(笑)

アウターに入れるには気合が必要で
「今からアウターに入れるので体制整えて、せぇの!! ガッチャン!!」
って感じで、

インナーに入れるのは「かえるよ―、カチャ」なんだけど
平地で練習してたので軽すぎて気持ち悪かったり(笑)

いずれにせよ最初はふらついた(笑)

でも大丈夫、そのために誰もいない広場に行ってるので!
私は私を信じてないので!!(笑)

まぁでもこれで最低限乗れるようになった、のかな?


NEXTC



↓応援クリックよろしくおねがいしますー
にほんブログ村 自転車ブログへ





[4コマ]クロスバイクな日々20・まだまだ…

CB060


購入後15日だけど、雨の日&夜は乗らないので、
乗った日数的には8日目。総走行距離は90kmほど。

さすがに、サドルを上げるのも、空気を入れるのも失敗しなくなり、
普通に走れるようになったので、
そろそろ前の荷物を重くしても大丈夫かも?と
フロントバッグに一眼を入れて出かけてみた。

自転車を買う前の目的は「自転車で一眼持って遠くに撮影に行く!」だし。

さすがに、ハンドルに2.5kgもの重さがかかってると、
慣れるまでハンドル操作とバランスが不安定だったけど、
それもちょっと走ってると慣れて、
坂道にさしかかった時に「立ちこぎでのぼるか!」と
立ち上がろうとしたら、一瞬立った後にすぐにお尻がサドルに着地。

た、立てない……。

ママチャリの時はふつうに立ち漕ぎしてたので、
重心のかかる位置とか、ハンドル周りが重いこととか
いろんな要因がからまってるっぽい。

うーん、イロイロできるようになった!と思ったけど
まだまだできないことだらけだね!(笑)



NEXTC



↓応援クリックよろしくおねがいしますー
にほんブログ村 自転車ブログへ


TEAM THE RED ジャージデザイン

先日、中国シクロクロス第4戦 広島備北丘陵公園 観戦+撮影レポを書いたわけですが、
その時の写真にうつっている、チームジャージのデザインを手伝わせていただきました。

私自身は紙モノのデザインはしたことがあっても、服飾関係はまったくのド素人で
サイクルジャージ着たこともないありさまなので、基本、自転車屋さんの要望を聞いて
それを形にする(Illustratorで描く)というスタンス。

自転車モチーフのなにかを描くにしても圧倒的に知識が足りないので
そのへんの間違いの指摘や補完も自転車屋さんにおまかせ。

コンセプトは最初は赤・THE REDの文字・尾道&しまなみモチーフで、ということだったので
赤のベタ塗り+文字配置+尾道といえば猫!と猫を勝手にプラスとかやってたのですが、
その後の自転車屋さんからの要望により赤のベタ塗りは赤のポリゴンに、猫はネコマタに。
そして尾道の市章モチーフのラインを加えしまなみを表す幾何学的なマークもプラス。
要望にはなかったけど、自転車だし、と、安直にチェーンリングやホイールも配置してみたり(笑)


★初期のデザイン案
ジャージ案


その後、「黒ベースで胸元だけラインでポリゴンを」という要望を受け、
主にしまなみモチーフのポリゴン作成に四苦八苦しつつなんとか完成させたのがこれ。


★黒ベースのデザイン案
ジャージ
この時点ではまだ、お店のロゴマークを使えないだろうかと
試行錯誤中(のちにお店のマーク関係は全部なしということに)


次に試行錯誤したのが脇のONOMICHIの文字。
縦で見た時にパッと見、尾道と読めなくて、
横で見た時に尾道と分かるようにしたい、ということで、
こんな風にしてみたですがどうでしょうか?な画像がこれ。
ジャージ案

あ、あと、ここで追加されたZ旗は私の趣味です(笑)
船が好きなので、尾道といえば船!と、尾道モチーフの一環とさせて頂きました(笑)

最後に残ったのはポケット部分のデザインで、
ここにはガンダムのせりふを入れてほしいということで、
送られてきた文章を配置するだけの簡単なお仕事。
いや、お仕事じゃないけど(笑)

あとは細部の詰め。

★しまなみマークバリエーション
しまなみマーク
しまなみの6つの島と7つの橋をモチーフに
幾何学模様的なマークを、との要望で作ったしまなみマーク。
「どれがよろしいでしょうか~?」
ちなみに横の三角は中国山地と四国山地を表してます。


★完成!
最終
Illustratorで作った入稿用のデータ完成!!


★試行錯誤の山(の一部)
試行錯誤
細かな違いの比較画像を含めると
作った画像は40枚以上。

途中、私の仕事の関係で作業ができなかったこともあり
結局2ヶ月かかって完成となりました。


で、紙モノのお仕事の時は、色校正というのをするので、
その感覚で、布へのテストプリントをお願いした所……
色見本
来たのは、ミニチュアサイズのプリント。

……、これでは細い線がつぶれてるかどうか、とか、
色の濃度がどうか、とか、なにもわからんやんけーーー!!!!!
私がほしいのは実寸の印刷見本じゃーーーーー!!!!
原寸大のおうちプリントと比べたかったんじゃーーーー!!!!
はぁはぁ。

もういいや。これで。知らない(笑)
CMYK印刷なのに赤の発色がいいのはわかったのでよしとする。

そして月日は流れ、約1月半後にジャージ完成!


開梱の儀
超ドキドキしつつ開梱!
今までの経験からいうと、完成したところで見つかるミスというのが必ずあるので、
なんかやらかしてないか心配だったんだけどなんとか大丈夫だった。よかった。


★ジャージ
チームジャージ
デザインしている時から、サイズが違うとモチーフの大きさとか
どうなるんだろう??と気になってたので、
LサイズとXSサイズの比較写真を撮らせていただいたり。

なるほど、服のサイズにあわせて全体的にきゅっと小さくなる感じなんだな。
分かった。


というわけで、完成したジャージは自転車屋さんのこだわり満載!
そのこだわりの説明は自転車屋さんのブログを御覧ください→チームジャージ徹底解剖

今回、わたしは、要望を形にしただけで、
もろもろ考えたのは全部自転車屋さんです(笑)
こだわりがすごい!


★おまけのアナログなネコマタ絵
アナログ
最終的にはイラレで描くわけですが、もとはアナログ絵。
私のカラーが出てるとすればこのネコマタ絵くらいかなー。あとZ旗(笑)


「面白そうだし興味があるのでやってみたーーーい!」と自分から首をつっこんだわけですが、
ジャージ作成に携わることができて、勉強になったし、面白かったです~!
ありがとうございました!!

問題があるとすれば、いただいたジャージを
私みたいなゆるポタ勢が着る機会がなさげなこと。
このジャージでゆるゆるへろへろ走ってたら恥ずかしい…よね?
というわけで、実は、先日のシクロの撮影の時に
ライトダウンの下にこっそり着ていたのでありました(笑)


↓応援クリックよろしくおねがいしますー
にほんブログ村 自転車ブログへ

[写真]冬のしまなみポタリング

12/2。

前日、大山ドライブだったので、
最初出かける気がなかったんだけど、
天気予報を見て、出かけたくて仕方なくなり、
「行くしかない!」ということでしまなみへ。

結果、今までで一番きれいな景色を見ることができた!
内なる衝動に従って正解だった!

というわけで、以下、主に来島海峡大橋の写真です。


★亀老山への上り坂
道
このへんからきつい!!(写真は帰り道で撮ったもの)

今回で4回目の亀老山なので、
だいたい道の感じはわかってるんだけど、
このへんから駐車場までが記憶よりきつかった!
インナーローなのにへろへろ。

かなりぜぇはぁしてたので、ほかにのぼってる人がいなくてよかった(笑)
あ、でも、あとからログを見たら前回より40秒タイムが縮まってた。頑張った。

★亀老山展望台
亀老山展望台

亀老山展望台
ほんのちょっとの間だったけど、ひとりじめ!!

そして景色は期待した以上のきれいさ!

亀老山展望台
青空で空気が澄んでて山は紅葉してて
とにかく最高にキレイ!!
来てよかった!!!

でもこんなにきれいなら一眼で撮りたかったな―。
でも一眼をフロントバッグに入れてたら亀老山登れてないな…。
今回ウエストバッグに入れて持ってきたのはミラーレス。


展望台から少しおりたところで、自転車と一緒に来島海峡大橋をパチリ。
亀老山展望台


そして単なる道でもきれい。
道
斜度きつくて乗って降りるのこわいときには
「写真撮らなきゃだし!!」と言い訳しつつ、押し歩き(笑)


★来島海峡大橋
道
亀老山から降りてきて、ちょっと坂を登ってからの下り坂で
来島海峡大橋がどんどん近づいてくる道が好き。


★道の駅よしうみいきいき館
道の駅
毎回、お約束の場所。


そして来島海峡大橋へ。


★糸山公園
糸山公園
来島海峡大橋から見た糸山公園。
右手に橋の影も見える。
影も天気がいいのでくっきり!


★糸山公園から
来島海峡大橋
貨物船のほかに、宗方から今治へ向かう(たぶん)フェリーみしまも。

一度ここでじっくり通る船を眺めたら
いろんな船が見れるのでは、と思うんだけど、
暗くなる前に尾道に着きたいので、
いつもおにぎり食べる間だけの滞在。もぐもぐ。


今回は、今まであがったことのない、展望台へも行ってみることに。
糸山公園から少しあがったところにある駐車場に自転車を置いて
歩いて展望台へ。


★展望台
展望台


★展望台から見た来島海峡大橋
来島海峡大橋
ここは平山郁夫スケッチポイントだったのか!
しまなみに来はじめの頃は、これを探すのが楽しかった。


展望台を満喫して降りてきたら、猫がいた。


★仲良し猫
猫
トイレ前。「誰?なんか用?」な猫たち(笑)


日没時間が5時くらいなので、暗くなる前に尾道着が目標。

写真を撮らず帰れば余裕で帰れるはずなんだけど、
こんなに天気がよくて景色がきれいだと
写真を撮らずに帰るのはムリ…(笑)


★小島と第二せきぜん
第二せきぜん
今治から岡村島へ向かう(たぶん)第二せきぜん。


★来島海峡大橋
来島海峡大橋
尾道まで68km。


★馬島
景色


いつもは自転車が多いので来島海峡大橋の上では
最低限しか写真を撮らないんだけど、
冬のせいか時間帯のせいか、同じ方向へ行く自転車も
対向してくる自転車もゼロ。

これは撮るしかあるまい!ということで
写真撮りまくってたら橋渡るのに30分もかかった(笑)


★アプローチ道
アプローチ道
ぐるぐる。


ここからは写真撮るのは最低限で…。


★能島と潮流
能島


★大島大橋
大島大橋


…とここで、ミラーレスの電池切れ。
やっぱり1日もたないのか…。うーん。

ここからはスマホ写真。


★大三島橋
大三島橋


★多々羅大橋
多々羅大橋


★生口橋
生口橋


★因島大橋
因島大橋


なんとか日没前に尾道に到着!

天気良くて、風もそんなに吹いてなくて、
気持ちよく走れて、ほんとに楽しかった―!!


★今回の発見
レンタサイクル
大三島の道の駅で見かけたレンタサイクル。
……これと私のクロスバイクが似てるせいで
よくレンタサイクルと間違えられるのか!!
納得!!



★おまけの4コマ
手袋を買いに

入った瞬間に、「カエレ」って言われたのは初めて…
じゃなくて2回めだった(笑)
前回は5時半閉店のところ5時27分に着いたので言われても仕方ないとして
今回は閉店時間まで30分もあったのに!(笑)
客なのに!(笑)

いや、帰りの心配をしてくださりアリガトウゴザイマシタ。


↓応援クリックよろしくおねがいしますー
にほんブログ村 自転車ブログへ


[写真]大山ドライブ

12/1。

朝、急に「山陰の温泉へ行こう!」ということになり、
どこへ行くとも決めないまま北へ。

途中で、「久々に大山にでも行く?」と。
↑この時点で温泉のことは頭から抜けている(笑)

瀬戸内はすごくいい天気だったので今日はドライブ日和だと出かけたわけだけど
中国山地が近づくに連れどんどん天気が悪くなり、
鳥取県に入る頃には、曇&パラパラ雨がちらつく、な天気に。

★鳥取県県道45号線 大山まであと10キロ
大山
なんかすごい黒雲が……


★気温2度
大山
え? そんなに寒いの??
まだ昼の1時なのに??
タイヤノーマルなんですけど……

駐車場は工事車両がいっぱいだし、
降りて歩くのもイヤだったので、
車で大山環状道路を1周することに。

1周大好き(笑)

以下、通った道+αの写真です。

大山


★道標と別れ地蔵
道標
何度も来てるけどここに道標あるの知らなかった。
今まで紅葉の季節に来てて紅葉以外見てなかったからなー

★スキー場
大山


★ツールド大山の路面表示
道
これがなかったらそのまま直進して
大山環状道路から外れるところだった(笑)

前に来た時はこの表示がなかったか、
大山で自転車に乗るということを考えたことすらなかったので
あっても目に入らなかったかどちらか。


★落ち葉
大山
自転車で走ると気持ちよさそうな道だけど、
今の季節は落ち葉が…


★景色
景色
日本海方面を見ると、いい景色。

晴れてれば!!


と、カーブを曲がるといきなり広がる黄色い斜面!
なんだこれ?

船上山


★船上山
船上山
上方に屏風岩。


★笹の葉とすすき
船上山
パッと見て、「花!?」と思った黄色い植物は
黄色くなった笹の葉でした。

なんでもいいやきれいだから。
このどす曇りで一面灰色な中の唯一の色彩。


★千丈の滝(雌滝)
滝
滝もあった。


★道
道
広い道ばかりではなく狭い場所も。


対向車含め、まったく車が走ってない中、
前方に道を塞ぐように止まる車が……


★道路管理パトロール車
道


「え!? 通行止め!!?」


と、思ったら、15時から通行止めなので
さっと通り抜けるなら通ってもいい、とのこと。

時刻は14:57。ギリセーフ!!


★ナビの画面
ナビ


★雪の残る道
道
標高950mくらい。

雪もちらつきはじめ、気温は0度だし
路面は湿ってるし、カーブだし、坂だし、で、
下り坂でちょっとドキドキ。

朝、家を出る時は、こんな道に来るつもりではなかった(笑)


★ゲート
道
さくっと通り抜けると、逆側のゲートで
かかりの方が待ってくださってました。

ありがとうございましたー。


その後もさらに大山環状道路を走り続けていると
いきなり青空が。

道

山の天気って分からない…
まぁ晴れたんだからいいか!


★大山
大山
もう今日は全く見れないかと思ってた大山が
ちょっとだけだけど、見えた!

晴れてたのはほんの10分ほど。


★ゲート
道
ここにもゲートが!
(どうやらこのゲートは17:00に閉鎖されたようです)


★鍵掛峠から見た大山
大山
上の方見えてないけど。

ちなみに天気の良い紅葉の季節に来るとこんな感じ(参考写真)
大山

……紅葉の季節に来るべきだった(笑)

なんでこんななにもない時期に来てしまったのか。

あ、でも、冬季閉鎖される道をギリギリに通り抜けたのは
面白かった
けど!(笑)
12/1が冬季閉鎖する日だとは知らなかった。


大山環状道路を2時間半かけて無事一周したあとは
当初の目的の温泉へGO!

既に時刻は16時で、今更遠くへは行けないので
20キロほど先の皆生温泉に向かうことに。


★皆生温泉にあった道路標示
皆生温泉近く
皆生海岸ルート走ってみたいー!


このあと、汐の湯(¥700)に入ってから帰途につく。


★帰り道 県境
県境
鳥取県から広島県へ。
標高750m。

帰り道ずっと気温0~2度だった。
寒っ! 中国山地、寒っ!!

[4コマ]クロスバイクな日々19・サドル高変更

059

普段はそんなことないのに
自転車関係で初めてなことをやろうとすると
まず1回失敗するうさです。

なぜだーーーー(笑)

シートステーについてるダボ穴(リアキャリアをつけるためのもの?)が
↑※この1文を書くために検索しまくった(笑)
大きくて目立ってたので吸い寄せられるように
そっちに目が行ってしまった、ような気がする。

このあと、固くて回せなくてひとり「ぐぬぬぬ」って言ってたり
サドルの高さを変えたあと、力が足りなくてサドルが下がるところまでお約束(笑)

「しめすぎたら壊れますよ」って自転車屋さんに言われてたので
びびってたわけだけど、そもそも私の力では壊すほどしめられない。たぶん。


NEXTC



↓応援クリックよろしくおねがいしますー
にほんブログ村 自転車ブログへ



[写真]中国シクロクロス第4戦 広島備北丘陵公園 観戦+撮影レポ その2

中国シクロクロス第4戦 広島備北丘陵公園 観戦+撮影レポ続き。

11:55~ C3+4のレース

★スタート前
C3+C4
おぉ、チームジャージがいっぱい見える―。

C3+4に出るメンバーは総勢6人(うち5人がチームジャージ着用)
改めてチームジャージ間に合ってよかった……

6人だと、タイミングが悪いと1人撮ってる間に、
他の人を撮りそびれたりとかありそうだけど、
全員同じ感じで撮れるように頑張りたいところ。

そして撮影ポイントはCM2+3と同じところを回ることに。


第1撮影ポイント

★(1周め)トップ
C3+C4
スタートから5分後、トップの選手がやってきた。

トップから15秒後、チームジャージきたー!
C3+C4
「頑張れー!」

その後も続々と……

C3+C4
レースの写真撮っててピースサインされたの初めてでビックリした(笑)
(まぁ今までは知らない人ばかり撮ってたので当たり前だけど)

いや、今レース中デスヨネ??(笑) 
しんどいコースっていう話だったのに余裕がすごい(笑)
これが若さか……!

さらに続き…

C3+C4
「頑張れー!」

C3+C4
「頑張れー!」←ほんとにこれしか言ってない(笑)


と、このあたりで、「あれ、何人撮った? もう全員撮ったっけ??」と分からなくなり、
でもやってくる人がいないっぽいので第2撮影ポイントに移動。

が、移動中にチームジャージが見えて、あわてて撮影。
C3+C4
あとで知ったのですが、スタートしてすぐにパンクしてしまったらしく
ずっと走ってるので時間がかかってしまっていたようです。
「頑張れー!!」


第2撮影ポイント


★(2周め)トップ
C3+4
トップは変わらず。


3位で追うメンバー
C3+4
よくこの斜面、乗って降りるなぁ…
いや、乗って降りれる人だから速いんだろうけど。


苦戦する姿もちらほら…
C3+4
というか、見てる限りでは苦戦してる人のほうが多かった気が。


C3+4
乗って降りる人、かついで降りる人、滑り落ちていく人、コケる人…人生イロイロ。

C3+4
でもコケても立ち上がって前に進むのです(すいません、続けて長文レポ書いて疲れてきました)


第3撮影ポイントへ


第2撮影ポイントに長くいすぎたので、小走りで芝生まで戻ったけど
もうトップは行ってしまったあとだった…。

C3+4
チーム内のトップの撮影には間に合ったからいいけど。

その後も続々とやってくるメンバーの写真を撮っていると…

C3+4
撮ってる時は気づかなかったけど、1枚で2度おいしい(1枚にメンバーが2人うつってる)写真が撮れてた!(笑)

そして1周めでパンクして出遅れてて、第2撮影ポイントで写真が撮れなくて気になってたメンバーの写真が
ここで撮れてほっとしたり。
C3+4


芝生でメンバー6人全員の写真が撮れたので
階段の見える第4ポイントへ移動。


が、既に上位4人は通過したあと。撮影計画が…。
まぁ仕方ないか。


4周目だというのに笑顔がまぶしいメンバーきたー!
C3+4
これが若さか(本日2度目)


C3+4
木々の間、枯葉の上を走る自転車も絵になるネ。
全然レースっぽくないけど。


そして、4周目のメンバーの写真を撮り終えた、と思ったタイミングで
階段から「うそだろーーー!」という声が聞こえたので撮った写真がこれ。
C3+4
撮ってる時はよく分かってなかったのですが、
トップの選手が5周目を回ってもうこの階段まで来たようです。
「うそだろーーーー!」と言ったのは右の方(4周目)

ということはもうすぐフィニッシュ!

もともとの予定ではトップが帰ってくる頃には既に
フィニッシュ地点が見える場所にいなければならないのに
まだ階段付近をうろついてるわけで……

早くゴールした人の写真、撮れませんでした。
3位だったのに!! ごめんなさい!


★メンバーの走りを見守るメカニック
C3+4


★洗車風景
C3+4
ゴールした人から順次洗車。
木の枝引っ掛けたまま走ってたりとかあったようです。

それにしてもチームジャージ着て集まってると集団感がすごい!
まわりからチームとして見られる以外に、着てる本人の帰属意識が高まったり
モチベーション高まったりとかイロイロありそう。
カメラマン的には、「分かりやすくてありがたい!!」がメインの効能?だけど(笑)


とりあえずみなさん怪我なく終わってよかったよかった。


お疲れ様でした!
C3+4
ほんとはこの写真撮った時背中から湯気が出ていたのですが
写真には写らなかったので、心の目で見て下さい(笑)




★今回一番カメラ目線をもらった1枚
C1
他の人が「大前さん(こう聞こえた)、カメラこっちこっち!」と声をかけたのに反応して
これでもか!と目線を下さいました。。
そして大前さんではなく、「オーマイっ!」さんでした(笑)
ありがとうございました!



にほんブログ村 自転車ブログへ

続きを読む

プロフィール

只野うさ

Author:只野うさ
年寄り。とろい。ぬけてます。
自転車/船/展望台/岬/路地/島一周が好き
twitter → @tadanousa
instagram → tadanousa

amazon


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

RANKING

検索フォーム

QRコード

QR