[写真]中国シクロクロス第4戦 広島備北丘陵公園 観戦+撮影レポ その2

中国シクロクロス第4戦 広島備北丘陵公園 観戦+撮影レポ続き。

11:55~ C3+4のレース

★スタート前
C3+C4
おぉ、チームジャージがいっぱい見える―。

C3+4に出るメンバーは総勢6人(うち5人がチームジャージ着用)
改めてチームジャージ間に合ってよかった……

6人だと、タイミングが悪いと1人撮ってる間に、
他の人を撮りそびれたりとかありそうだけど、
全員同じ感じで撮れるように頑張りたいところ。

そして撮影ポイントはCM2+3と同じところを回ることに。


第1撮影ポイント

★(1周め)トップ
C3+C4
スタートから5分後、トップの選手がやってきた。

トップから15秒後、チームジャージきたー!
C3+C4
「頑張れー!」

その後も続々と……

C3+C4
レースの写真撮っててピースサインされたの初めてでビックリした(笑)
(まぁ今までは知らない人ばかり撮ってたので当たり前だけど)

いや、今レース中デスヨネ??(笑) 
しんどいコースっていう話だったのに余裕がすごい(笑)
これが若さか……!

さらに続き…

C3+C4
「頑張れー!」

C3+C4
「頑張れー!」←ほんとにこれしか言ってない(笑)


と、このあたりで、「あれ、何人撮った? もう全員撮ったっけ??」と分からなくなり、
でもやってくる人がいないっぽいので第2撮影ポイントに移動。

が、移動中にチームジャージが見えて、あわてて撮影。
C3+C4
あとで知ったのですが、スタートしてすぐにパンクしてしまったらしく
ずっと走ってるので時間がかかってしまっていたようです。
「頑張れー!!」


第2撮影ポイント


★(2周め)トップ
C3+4
トップは変わらず。


3位で追うメンバー
C3+4
よくこの斜面、乗って降りるなぁ…
いや、乗って降りれる人だから速いんだろうけど。


苦戦する姿もちらほら…
C3+4
というか、見てる限りでは苦戦してる人のほうが多かった気が。


C3+4
乗って降りる人、かついで降りる人、滑り落ちていく人、コケる人…人生イロイロ。

C3+4
でもコケても立ち上がって前に進むのです(すいません、続けて長文レポ書いて疲れてきました)


第3撮影ポイントへ


第2撮影ポイントに長くいすぎたので、小走りで芝生まで戻ったけど
もうトップは行ってしまったあとだった…。

C3+4
チーム内のトップの撮影には間に合ったからいいけど。

その後も続々とやってくるメンバーの写真を撮っていると…

C3+4
撮ってる時は気づかなかったけど、1枚で2度おいしい(1枚にメンバーが2人うつってる)写真が撮れてた!(笑)

そして1周めでパンクして出遅れてて、第2撮影ポイントで写真が撮れなくて気になってたメンバーの写真が
ここで撮れてほっとしたり。
C3+4


芝生でメンバー6人全員の写真が撮れたので
階段の見える第4ポイントへ移動。


が、既に上位4人は通過したあと。撮影計画が…。
まぁ仕方ないか。


4周目だというのに笑顔がまぶしいメンバーきたー!
C3+4
これが若さか(本日2度目)


C3+4
木々の間、枯葉の上を走る自転車も絵になるネ。
全然レースっぽくないけど。


そして、4周目のメンバーの写真を撮り終えた、と思ったタイミングで
階段から「うそだろーーー!」という声が聞こえたので撮った写真がこれ。
C3+4
撮ってる時はよく分かってなかったのですが、
トップの選手が5周目を回ってもうこの階段まで来たようです。
「うそだろーーーー!」と言ったのは右の方(4周目)

ということはもうすぐフィニッシュ!

もともとの予定ではトップが帰ってくる頃には既に
フィニッシュ地点が見える場所にいなければならないのに
まだ階段付近をうろついてるわけで……

早くゴールした人の写真、撮れませんでした。
3位だったのに!! ごめんなさい!


★メンバーの走りを見守るメカニック
C3+4


★洗車風景
C3+4
ゴールした人から順次洗車。
木の枝引っ掛けたまま走ってたりとかあったようです。

それにしてもチームジャージ着て集まってると集団感がすごい!
まわりからチームとして見られる以外に、着てる本人の帰属意識が高まったり
モチベーション高まったりとかイロイロありそう。
カメラマン的には、「分かりやすくてありがたい!!」がメインの効能?だけど(笑)


とりあえずみなさん怪我なく終わってよかったよかった。


お疲れ様でした!
C3+4
ほんとはこの写真撮った時背中から湯気が出ていたのですが
写真には写らなかったので、心の目で見て下さい(笑)




★今回一番カメラ目線をもらった1枚
C1
他の人が「大前さん(こう聞こえた)、カメラこっちこっち!」と声をかけたのに反応して
これでもか!と目線を下さいました。。
そして大前さんではなく、「オーマイっ!」さんでした(笑)
ありがとうございました!



にほんブログ村 自転車ブログへ

撮り終わってみて、カメラマン的には反省点山積で
次回があれば、今度は
・もうちょっとコースに踏み入って撮影ポイントを探す
・危なくない程度にもう少しコーズに近寄る
・遠慮しすぎずアップも狙う
・1周のタイムを把握して移動する
・ゴール大事
あたりに気をつけたい。

一番いいのは望遠レンズを買うことだけど、それはムリー。

コメント

非公開コメント

プロフィール

只野うさ

Author:只野うさ
年寄り。とろい。ぬけてます。
自転車/船/展望台/岬/路地/島一周が好き
twitter → @tadanousa
instagram → tadanousa

amazon

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RANKING

検索フォーム

QRコード

QR