FC2ブログ

[日記4コマ]交通安全御守

日記

フェリーに乗って離島に行こう!ということで
もろもろ準備して予定時刻に「さぁ出発!」と思った時に
「自転車で初めて行く場所だし、新しい御守りあるしつけていくべきでは?」と思って
フロントバッグにつけようとしたらバラバラになってパニック!(笑)

えぇぇぇーーーー!!!
不吉すぎる!!
出かけるなということ???

と、思いつつも
天気がいい今日どうしてもあの島に行きたい!
という気持ちが強かったので
直せば大丈夫なはず……と
その場で仮直して出発。
(帰ってきてからちゃんと直した)

5分遅れで出発して
「5分早かったら事故ってたかも。
遅れてよかったに違いない」と
自分に言い聞かせながら走ってたら
橋の上とか「さっきまで凍ってました!」な路面だったので
太陽の光のあたる5分は実は重要だったのかも!と。

このところ昼にしか乗ってないし
毎日そこそこ暖かいので
真冬の早朝の路面凍結怖いの忘れてた…
家の前とかなんともなくても橋の上とか
峠道とかだけ急に凍結してたりするんだよね…

というわけで無事に港に到着し
島一周10キロ走っても車には数台しか遭遇しない、という
島ポタを満喫したのでした。

そのポタリングの写真はまた。


同じタイプの御守りの画像ないかな…って検索してたら
アマゾンで自転車・バイク用の交通安全お守りを通販しててびっくりした。

なんでも通販してるなぁ…(笑)



↓応援クリックよろしくおねがいしますー
にほんブログ村 自転車ブログへ

[日記]ウォーリー!?

1214


タンスから適当に服を出して着てニット帽をかぶって出かけて
途中で窓ガラスにうつった自分の姿を見て
「なんかに似てる……ウォーリーだ!!」ってなって
ひとりで笑ってた(笑)

赤と白のボーダーの服のせい……って思ったけど
楳図かずおになるかウォーリーになるかは
ニット帽をかぶってるかどうか、だな(笑)

さすがに本物のウォーリーのような
赤と白の帽子は持ってないので
あくまで偽物ウォーリーだけど(笑)


検索したらウォーリーの帽子って売ってた!

いや、別にコスプレしたいわけでは……(笑)


↓応援クリックよろしくおねがいしますー
にほんブログ村 自転車ブログへ



[日記4コマ]成長?

CPdiary20181022_1_s.jpg

ママチャリの時はハンドルが高くて姿勢が真っ直ぐだったので
首から一眼レフぶら下げてそのまま走れてたんだけど
クロスバイクに乗り始めてからは前傾姿勢のため
普通に首からぶら下げてるとハンドルにカメラが
ガンガンぶつかってしまってダメ。

で、カバンを持つ時と同じように右肩にカメラのストラップをかけて
体の左側に一眼レフを持ってきても、やっぱりぶらぶらして
自転車にガンガンぶつかってしまう。

1年前にミラーレスを手に入れたので
このくらい小さければ大丈夫かもと
体に下げて走ってみたもの
体の左側が重くなる感じがして
バランスが悪くて怖くてこれも無理だった。

他にPさんにいいストラップを
教えてもらったりもしたんだけど
私には無理だろうなーーと諦め
カメラはフロントバッグに入れるか
リュックに入れるかして持ち歩いていた。

でも
・リュックだと撮りたい時にすぐカメラを取り出せない
・フロントバッグだとガタガタ道を通った時に
 振動がカメラ直撃な気がしてそろそろとしか走れない
 (背中だと足が衝撃を吸収してるはずなのでましなはず)
という理由から、背中に一眼背負って走れたらいいのになー…と
ずっと思っていた。

と、今年の4月に竹原(もしつむ!まとめ その1)で
6月にうさぎ島([写真]またつむ&大久野島ガイドポタ)で
つむりさんにお会いすることができ、イロイロ質問させていただき
実際にカメラを背負って走ってる姿とかを見て
無理だと思ってたけど頑張ればできるかも?と思い始めた。

で、つむりさんのブログの「自転車旅、ロングライドでのカメラの持ち運びについて。写真とカメラのお話。」を読み、
その中の

背中の肩甲骨よりちょっとしたのくぼんでいるところにカメラを載せるイメージ。ある程度の前傾姿勢であれば収まりどころがあるはず。そこに安定して載るようにストラップの長さを調整する。


というのを読んでストラップの長さを調整。

何度かやってみてはやっぱりダメだったというのを
繰り返してたんだけど、約1ヶ月前のしまなみポタリングで
ある程度の距離走って疲れてイロイロどーでもよくなってきたところで
背中に背負ってみたらなんかしっくりカメラが背中の上で落ち着いた!

ポイントは上記引用部分の通り、背中の真ん中に載せることと
私の場合はストラップを右肩ではなく左肩にかけることだった。

私はほぼ100%自転車の左側に足を着いて降りるので
左肩にかけて背負うことで、信号とかで止まって左足を着く時に
カメラが左にずるっと落ちてくることが防げる。
#右肩にかけているとカメラが重いので左に体が傾くと
 カメラが左に落ちてきやすい。

自分で無理だと思いこんでることをブレイクスルーする一番の方法は
できている人の姿を目の当たりにすることと、こつを教えてもらうことだなぁ、と。
いろんなこつをブログで公開してくださってるつむりさんに感謝!

というわけで、私にはできないと思ってた
カメラを背負っての移動、普通にできるようになったわけだけど、
なんせそこは「私」なので、まだまだできないことがいっぱい(笑)

曲がり角がうまく曲がれないのはかなり問題だよなぁ(汗)

まぁちょっとづつ頑張ります―!


あ、でも、自転車に乗ったまま写真撮る、とかは
私がやると絶対こけるので頑張りません(笑)


CPdiary20181022_2_s.jpg



↓応援クリックよろしくおねがいしますー
にほんブログ村 自転車ブログへ




[日記4コマ]10月の三連休で見かけた自転車イロイロ

181008

10月の三連休、なんだか自転車三昧でした!
乗るほうじゃなくて見る方で!(笑)

★その1 傘差しママチャリ
最近では減ってきている片手で傘持って自転車乗ってる人、
田舎道だしちょっとくらいなら…ということなんだろうけど、
私が思わず自転車から降りたくらい風が強かったので
こけちゃうからやめといたほうがいいですよー、と思いつつ
ふらつかずまっすぐ進む姿にちょっと感心したり。

私が風に弱すぎるのかも…(笑)


★その2 異音ママチャリ
ブレーキかけた時に「キキーーー」ってなるのはよく聞くけど
遠くから「キーーーーーーーー」という音が近づいてきて
そのまま「キーーーーーーーー」って去っていって
ペダルを漕ぐ時のガチャガチャでもなく鳴り続けるキーーー音は
一体何なんだろう???とすごく気になった。

ここまで謎の異音が鳴り続ける自転車は初めて見た。


★その3 レールを走る自転車
見かけたときには思わず目を疑った自転車。
豪雨あとの工事で線路の上を走るトラックはよく見かけるので
もうすっかり見慣れたけど、自転車は初めて!
作業員さんが二人横に並んでこいでてなんか楽しそうだし。

乗ってみたいーーーー!!!


★その4 レース会場
・ランバイク
・子供用の自転車
・子供用の自転車補助輪つき
・普通のママチャリ
・ママチャリっぽくないママチャリ
・サーキットクイーンの乗るママチャリ
・クロスバイク
・ロードバイク
・タンデム
と、山ほど自転車を見て撮った詳細は
[写真]サイクル耐久レースin岡山国際サーキット2018観戦レポ その1
[写真]サイクル耐久レースin岡山国際サーキット2018観戦レポ その2
を御覧ください。


連載中のゆめしま海道ポタリング4コマ、
ペン入れまですませてあって本当はそれを描くつもりだったんだけど
この日記ネタがどうしても描きたかったのでこっちを優先してしまいました。

次こそは連載4コマ更新できるといいな(自信なし)

↓応援クリックよろしくおねがいしますー
にほんブログ村 自転車ブログへ


[日記2コマ]季節の移り変わり

このところずっと天気が悪かったけど
今日は晴れ間が覗いてるので
「ちょっとそのへん小一時間ポタリングしよ」と出かけ、
でも、いったん走り出すと小一時間で我慢できるわけもなく
結局4時間くらいうろついてしまいました(笑)

まだまだ暑いけどそれでも8月までの
殺人的な暑さに比べれば全然涼しくて
道路上の生き物(の死体)にも変化が。

20180916

7月8月はどちらかというとドライな死体だったけど
今日は潰され系でウェットなやつなので
遠目で確認したらあとは焦点合わせないように(笑)

あー、カマキリが仁王立ちして立ちふさがる季節が
近づいてきた!!!

去年の秋、カマキリネタ描いたような…とさかのぼってみたら
「障害物!」を描いてた。

ほんとこれからの季節、下手したら
カーブ曲がるごとにカマキリが立ってたりして
「ひきたくないーーーーー!」ってなる。


あ、蛇やカマキリの死体だけで季節を感じたわけではなく
ちゃんときれいなお花でも季節を感じました!

★彼岸花
彼岸花
まだまだつぼみが多いけど
咲いてる花もあった!


↓応援クリックよろしくおねがいしますー
にほんブログ村 自転車ブログへ

プロフィール

只野うさ

Author:只野うさ
年寄り。とろい。ぬけてます。
自転車/船/展望台/岬/路地/島一周が好き
twitter → @tadanousa
instagram → tadanousa

amazon


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

RANKING

検索フォーム

QRコード

QR